ととのうみすと おすすめ

ととのうみすとは敏感肌でも使える?

黒ずみ毛穴や詰まり毛穴、たるみ毛穴など、色んな毛穴トラブルを改善してくれるのがととのうみすとです。
化粧品のちょっとした刺激でもピリピリしてしまう敏感肌は、ととのうみすとを使っても平気かな?と心配になりますよね。
そこで、いかにととのうみすとが肌に優しいか、敏感肌ケアにも向いているかを紹介しましょう。

ととのうみすとは低刺激で敏感肌でも安心

ととのうみすとは低刺激で敏感肌でも安心
敏感肌で一番気になるのが化粧品の成分です。
肌に染みたりピリピリしたり、ひどい場合には赤くかぶれたり湿疹ができてしまうこともあります。
低刺激で肌に優しいととのうみすとはそんな心配は必要ありません。

肌に優しい無添加仕立て

合成界面活性剤、プロピレングリコール、合成着色、合成香料、アルコール、パラベン、鉱物油の7つの成分が不使用です。
どれも肌のバリア機能を壊してしまったり肌トラブルを招く刺激の強い成分です。
これが不使用の肌に優しい無添加仕立てですから、副作用なしに敏感肌でも安心して使えます。

天然由来成分がメイン

原材料は危険なものは何も使われていませんし、天然由来の成分がメインですから肌にとても優しいです。
65種類もの植物酵素が入っていて、原材料名にはオオムギ種子やリンゴ果実など、おいしそうな植物の名前がたくさん並んでいます。
安全安心の原材料ですから、敏感肌でも低刺激で肌トラブルへの不安もありません。

W洗顔不要でバリア機能をしっかり守る

W洗顔不要でバリア機能をしっかり守る
敏感肌が普通の肌よりも刺激に弱いのは、肌を保護するバリア機能が低下しているからなんです。
そんなバリア機能は洗顔で損なわれやすく、洗顔料の洗浄成分や界面活性剤が原因になっています。
ととのうみすとはダブル洗顔不要ですから、バリア機能を損なうことなく、毛穴を始めとして肌の汚れを優しく落としてくれます。
肌との摩擦も防げますし、まさに敏感肌にぴったりな洗浄ミストなんです。
注意したいのが、スプレーして汚れが浮いて来た後にふき取る時ですね。
敏感肌なら柔らかいタオルなどを押し当てるようにして、絶対こすらないようにしましょう。

美肌菌を育ててバリア機能を強化

美肌菌を育ててバリア機能を強化
実は生まれつき敏感肌という人は意外と少なくて、毎日の習慣などが影響して敏感肌になってしまった人がほとんどなんです。
肌環境が乱れて敏感になっていますから、それを整えるには美肌菌を育てるのがベストです。
ととのうみすとには65種類の植物酵素が含まれていて、美肌菌を育てるのにぴったりなんです。
美肌菌は肌の保湿力を高めてくれて、バリア機能をサポートできる丈夫で健康な肌へと導いてくれます。
かさかさで肌の色むらやくすみが気になる敏感肌が徐々にきれいになってきて、刺激に負けない健やかな肌を目指せます。

根本的な敏感肌対策ができる

根本的な敏感肌対策ができる
ととのうみすとは肌に優しいし、洗顔料不要で汚れ落とせる点が優れています。
敏感肌でも安心して使える無添加処方で、肌状態を健やかに丈夫にしてくれる効果まであります。
気になるくすみや乾燥を防いでくれますし、しっとり潤った悩み知らずの肌を目指せますね。